住むなら今♪注目度UP中の立川で賃貸物件を探そう » 【特集】立川に強い不動産会社を探すコツ » おとり物件に注意!そのイミと見抜き方

おとり物件に注意!そのイミと見抜き方

立川で部屋探しをしている人も知っておきたい『おとり物件』の実態について紹介しています。

立川の部屋探しでも要注意!おとり物件の存在

部屋探しをするとき、だいたいのケースでは条件や予算などを鑑みながら、気になる物件をチェックしていくことになります。

そんな中で「ここは!」という物件が見つかった場合、詳細情報や物件写真が魅力的なほど「早く決めなければ!」と、気は急くことでしょう。しかし、気を付けてください。本命と狙っていた部屋が、実は『おとり物件』の場合があるのです。

【おとり物件とは】
実際には入居者を募集していない物件の情報を、あたかも存在するかのように掲示し、ユーザーの気を引こうとする不動産会社の手口。エリア内の賃料相場より家賃や手数料が低かったり、室内設備が整いすぎている物件には要注意。

では不動産会社は、なぜこのようなおとり物件を用意するのでしょうか?それはひとえに、来店者を増やしたいからです。

例えば、インターネットでおとり物件に惹かれたユーザーが、不動産会社に問い合わせを行います。すると「こちらの物件に関しては、現地待ち合わせは不可です。まず来店していただかないと、詳細をお話しできません」などの答えが返ってきます。そこでユーザーが店頭に訪れると「すみません、あの物件は昨日、別の方が契約してしまったんです…。でもまだまだ魅力的な物件が多数ありますよ!」などと、営業トークへ持ち込んでいくのです。

不動産会社にとってみれば、自ら動かずとも客が引き寄せられてくるわけですから、なかなか効率の良い集客法と言えます。さすがに「おとり物件を契約させ、金を騙し取る」というようなことはありませんから、第三者の目には、それほど悪質に映らないかもしれません。

しかし真剣に部屋探しをしている人にとって、おとり物件は無駄な情報でしかありません。時間の浪費につながることもありますし、しつこい不動産会社の営業に引っかかってしまう可能性もあるので「避けたい」と思うのも、当然です。

おとり物件は大手不動産会社に多い!?

どんな不動産会社でも、来店者がいなければ商売は成り立ちません。しかし、大手ほどスタッフに課せられたプレッシャーが大きいことは、容易に想像がつきます。営業目標や系列店との競争もありますから、多少強引な手を使っても、集客につなげたいという思いがあるのです。

大手不動産会社が取り扱っている物件で「あまりにも条件が良い」と思えるものがあれば、それはおとり物件であると疑ってかかった方が良いでしょう。

また好条件であるにもかかわらず、「長期間情報が掲載されている物件」にも、注意が必要です。効率の良い部屋探しのために、無駄な情報はスルーできる目を養っていきましょう。